2017年8月12日朝5時30分~6時00分放送!
長崎県平戸沖のオフショアゲーム

出演:松本仁
キャスティングで豪快ファイト!

ルアパラ九州=文
かつてオフショアのヒラマサゲームといえばジギングであったが、現在はトップウォータープラグを駆使したキャスティングゲームが人気だ。この日ねらった水深はおよそ30mから20m弱のカケアガリ

放映日時:8月12日(土)5時30分より
出演者:松本仁(まつもとまさし)
ロケ地:長崎県平戸近海~
ターゲット:ヒラマサ


内容:平戸島から古志岐三礁にかけての長崎県北西部沖へ夏のヒラマサ、通称夏マサ釣行に出たのは、地元平戸市在住の松本仁さん。夏のヒラマサは産卵明けの回復期に当たり、スリムなボディーながら力強い引きとスピードが魅力。オフショアではジギングでねらうイメージが強かったが、トビウオやサンマ、ペンペンシイラといったベイトがいればトップウォータープラグでねらうケースが増えてきた。鍵を握るのは、本命の活性、ベイトの多さ、潮流と風の状況。潮流と風は悪くなかったが、魚っ気が薄く、ギリギリの勝負が続く中、松本さんはワンチャンスをものにした。

水を切る砲弾型の体型をしたヒラマサ。夏は産卵後に該当することから、身体がスリムなったぶんパワーとスピードが増す

潮や風の強さや向き、魚の反応の度合い、波の立ち具合からルアーをローテーションさせるが、松本さんは種類を広げ過ぎずに数種類のプラグをシンプルに使い分ける

松本さんが使ったトップウォータープラグ。トレブルフックやシングルフックを合わせてバランスや泳ぎを調整する

「大きくはないですが」と言ってトップウォータープラグで本命のヒラマサをキャッチした松本さん。大型シイラとの迫力あるやり取りも必見だ

今週の視聴者プレゼント
応募期間は2017年8月12日(土)朝6時00分~2017年8月19日(土)朝5時30分です。 DUOラフトレイル青政188SF(オーシャンブルーバック、ホロカマス、ピンクバック)、メッシュキャップBK。ルアー各色をメッシュキャップとセットで3名様に。※ルアーのカラーは選べません。ご了承ください。

応募フォームの「ご希望のプレゼント」欄には「DUOルアー&キャップセット」とご記入ください





▼前回放送「五島灘のロックフィッシュゲーム」はこちら!▼

2017/8/5


ルアーパラダイス九州最新刊、好評発売中!
毎奇数月(1,3,5,7,9,11月)の中旬発売です。

釣りに最高の季節になりました。 多くの魚たちが適水温を迎えて活発に捕食行動をとります。 身に脂が乗り切ったコンディション上々のビッグフィッシュ。 それともサイズは手のひら級でも面白さは無限大のスモールゲームに興じますか? BIG or SMALL? さあ、あなたはどっちの秋を楽しみますか? 第1特集は 「ライトにいこう! 秋のSAMLL GAMES」 巻頭と表紙を飾るターゲットは秋の味覚としてのおなじみのイイダコ。まさに手のひらサイズの秋を代表するスモールターゲットです。ライトタックルによるショアキャスティングゲームは、お手軽にして奥が深く、大人を夢中にさせます。 そのほか夜だけではないアジングのデイゲームの楽しみ方、みっぴこと秋丸美帆さんが初挑戦したハゼクラ、秋イカエギング、カマス、チヌなど、ライトタックルだけでこんなにも秋を満喫できることを証明する特集です! 第2特集は 「この秋エントリー 今さら聞けないBIG GAMEの基礎と理由」 タイラバやヒラマサキャスティングゲームなど そのジャンルの第一人者たちが 実釣を交えながら秋のビッグゲームの魅力のみならず 覚えておくべき基礎知識から 数あるタックルやテクニックの選択肢からそれを選ぶ理由まで、 まさに「今さら聞けないビッグゲームのコツ」をすべて公開します! また、度肝を抜くサイズが登場する耳川上流の大ヤマメレポートのほか 「さかなへんなたび」「九州一周予習復習」など モノクロ連載がますます充実しております。 そしてもうひとつの注目が『ルアーパラダイス九州TV』。 本誌と平行して放映中の地上波放送ですが 映像だけでは伝えきれないその釣りの奥深さや魅力を 言葉と写真でよりディープに掘り起こしてお伝えします。 放送と本誌を連動させ、映像と文字で情報を補完し合うことで より濃い内容となってインプットされます!
[ 詳細はこちらから ]

owner
SUNLINE

point

Duo

BerkleyAbuGarcia


 

読み込み中