2017年4月15日朝5時30分~6時00分放送!
デカアジ潜む夢の島 長崎県・壱岐

出演:林健太郎   
アジング3大リグの特徴と出しどころを丁寧に解説!

ルアパラ九州=文
03-c 壱岐で釣れるマアジは大きいとはいえ15㎝前後の小型から30㎝前後の中型までがもっとも多い。40㎝以上の大型は朝夕マヅメを中心に回遊するため、その一瞬のチャンスをものにしないと悲惨な釣果で島をあとにするリスクも大きい

4月15日(土)5時30分より
出演者:林健太郎:はやしけんたろう
ロケ地:長崎県壱岐
ターゲット:マアジ


 瀬戸内をホームグラウンドにする広島県在住の林さんが初めて訪れた壱岐でアジングに挑戦。ジグ単、キャロ、スプリットのアジング3大リグのそれぞれの特徴とそれぞれの出しどころを丁寧に解説しながら各港で本命をキャッチしていきます。瀬戸内ならではの繊細な釣りで、壱岐ならではの良型、大型に手にできたでしょうか。乞うご期待!

03-a 瀬戸内のアジとシーバス釣りを得意にする林健太郎さん。学生時代を福岡で過ごしたこともあり九州とは縁も深いが壱岐は初めて。不安もあったが、それよりも期待が大きいと話した。どこへ行ってもアジはアジ。釣り方さえ間違えなければ釣れると自信をのぞかせた

03-b 全国でも屈指のデカアジの聖地として名を馳せる壱岐。入り組んだ湾と大きな漁港がいくつもあり、アジ釣り場には事欠かない。今回もひと晩でいくつもの漁港をランガンした

03-d 各港を下見した結果、林さんが期待の夕マヅメに入ったのは勝本港。そして朝マヅメにも再度勝本港でロッドを大きく曲げた!

03-e 「アジがいないと無理ですが、アジが回遊さえしていれば口を使わせる自信があります」と口にしたとおり、アジのいる場所ではパターンを掴んで連発。そして待望の壱岐サイズもキャッチとなったか!?



今週の視聴者プレゼント
応募期間は2017年4月15日(土)朝6時00分~2017年4月22日(土)朝5時30分です。 03-p Micro PE 0.2号、バニッシュ・レボリューション・ライトゲーム1.75Lb、Sabiky1.8in(3パック)をセットで3名様に。

応募フォームの「ご希望のプレゼント」欄には「バークレイアジングセット」とご記入ください



ピュア・フィッシング・ジャパン

▼前回放送「荒磯の好ファイター ヒラスズキ」はこちら!▼
01-e

2017/4/8


ルアーパラダイス九州最新刊、好評発売中!
毎奇数月(1,3,5,7,9,11月)の中旬発売です。

釣りに最高の季節になりました。 多くの魚たちが適水温を迎えて活発に捕食行動をとります。 身に脂が乗り切ったコンディション上々のビッグフィッシュ。 それともサイズは手のひら級でも面白さは無限大のスモールゲームに興じますか? BIG or SMALL? さあ、あなたはどっちの秋を楽しみますか? 第1特集は 「ライトにいこう! 秋のSAMLL GAMES」 巻頭と表紙を飾るターゲットは秋の味覚としてのおなじみのイイダコ。まさに手のひらサイズの秋を代表するスモールターゲットです。ライトタックルによるショアキャスティングゲームは、お手軽にして奥が深く、大人を夢中にさせます。 そのほか夜だけではないアジングのデイゲームの楽しみ方、みっぴこと秋丸美帆さんが初挑戦したハゼクラ、秋イカエギング、カマス、チヌなど、ライトタックルだけでこんなにも秋を満喫できることを証明する特集です! 第2特集は 「この秋エントリー 今さら聞けないBIG GAMEの基礎と理由」 タイラバやヒラマサキャスティングゲームなど そのジャンルの第一人者たちが 実釣を交えながら秋のビッグゲームの魅力のみならず 覚えておくべき基礎知識から 数あるタックルやテクニックの選択肢からそれを選ぶ理由まで、 まさに「今さら聞けないビッグゲームのコツ」をすべて公開します! また、度肝を抜くサイズが登場する耳川上流の大ヤマメレポートのほか 「さかなへんなたび」「九州一周予習復習」など モノクロ連載がますます充実しております。 そしてもうひとつの注目が『ルアーパラダイス九州TV』。 本誌と平行して放映中の地上波放送ですが 映像だけでは伝えきれないその釣りの奥深さや魅力を 言葉と写真でよりディープに掘り起こしてお伝えします。 放送と本誌を連動させ、映像と文字で情報を補完し合うことで より濃い内容となってインプットされます!
[ 詳細はこちらから ]

owner
SUNLINE

point

Duo

BerkleyAbuGarcia


 

読み込み中