2019年10月26日朝5時30分~6時00分放送
福岡県宗像沖のタイラバ

出演:植田マスオほか
またもや大型マダイ登場!

ルアパラ九州=文
水深は60mほど。底近くでヒットしたマダイがいよいよ水面に姿を見せた。キャッチまであとひと息

放送日時:2019年10月26日(土)5時30分より
出演:植田マスオ(うえだますお)、黒川和馬(くろかわかずま)、藤友梨絵(とうゆりえ)、三苫豪冬(みとまひでと)
ロケ地:福岡県宗像市宗像大島沖
ターゲット:マダイ


内容:秋の宗像大島沖は、マダイ、ヒラマサ、ヒラメ、根魚のキジハタなど、釣りものがいろいろあり、そのどれもが期待できてしまうのが、タイラバやタイジグ、SLJ(スーパーライトジギング)、ロングジグによるジギングといった釣法です。強いて言えば、タイラバやタイジグではマダイがメインになり、SLJはヒラメ、根魚、マダイといったバラエティ溢れる展開になりやすく、ロングジグによるジギングではヒラマサを筆頭とした青ものに重心が置かれます。3釣法のタックルを用意したマスオさんこと植田益生さんは、どういう手順で釣りを展開させたでしょうか。アタリが少ないなか、あることをヒントに78㎝のマダイをキャッチします。

デカバンのマダイをキャッチしたマスオさん。マダイの口元のタイラバにヒントがある

マスオさんの要請でサオをだした三苫船長もマダイをキャッチ

船に乗り合わせていた藤さんもマダイをキャッチ。横揺れの釣りづらいなか、よく辛抱してこの1尾を手にした

同船者の黒川さんも序盤にアタリを連発させてナイスサイズのマダイをキャッチ

今週の視聴者プレゼント
応募期間は2019年10月26日(土)朝6時00分~2019年11月2日(土)朝5時30分です。 なみだま100g、オリジナルステッカーをセットで3名様に。
※カラーは選ぶことはできません。ご了承ください

応募フォームの「ご希望のプレゼント」欄には「なみだまセット」とご記入ください






▼前回放送「鹿児島県志布志沖堤防のタチウオ」はこちら!▼


2019/10/18


ルアーパラダイス九州最新刊、好評発売中!
毎奇数月(1,3,5,7,9,11月)の中旬発売です。

手軽にチャレンジできるのがタイラバのよさだが、タイラバはシンプルな釣りだからこそ、要点を押さえていないと攻め手を見失ってしまう。タイラバで大切にしたいのは、巻きを極める意識、そして潮流に応じた戦術で、そこから巻き上げレンジ、巻き上げスピード、ライン角度の3要素を絞っていくと突破口が見えてくる。特集1は、そんなタイラバを九州各地の実釣取材を中心に多角的な視点で取り上げた。

そのほか、ヒラマサ、ブリ、ヒラスズキ、マダイ、イサキ、シーバスなど厳寒期を抜けて水温上昇期に転じた九州のショアを熱くするエキサイティングなショアゲームをピックアップした。
[ 詳細はこちらから ]

つり人社の刊行物
ルアーパラダイス九州 No.32 2019年秋号
ルアーパラダイス九州 No.32 2019年秋号 本体1,000円+税 A4変型判132ページ
【特集】 「どこへ行こう? 島へ行こう! 島で憩う♪ 秋のお手軽フィッシングアイランド 小さな島の大きな魅力」 茹だるような暑さも一段落して、九州の海は一番過ごしやすく、釣りものも多い豊かなタイミングを迎えます。九州北部の小さなルアー島を巡…
owner
point

Duo

jackall
YAMASHITA & MARIA
rise japan


読み込み中