2019年10月26日朝5時30分~6時00分放送
福岡県宗像沖のタイラバ

出演:植田マスオほか
またもや大型マダイ登場!

ルアパラ九州=文
水深は60mほど。底近くでヒットしたマダイがいよいよ水面に姿を見せた。キャッチまであとひと息

放送日時:2019年10月26日(土)5時30分より
出演:植田マスオ(うえだますお)、黒川和馬(くろかわかずま)、藤友梨絵(とうゆりえ)、三苫豪冬(みとまひでと)
ロケ地:福岡県宗像市宗像大島沖
ターゲット:マダイ


内容:秋の宗像大島沖は、マダイ、ヒラマサ、ヒラメ、根魚のキジハタなど、釣りものがいろいろあり、そのどれもが期待できてしまうのが、タイラバやタイジグ、SLJ(スーパーライトジギング)、ロングジグによるジギングといった釣法です。強いて言えば、タイラバやタイジグではマダイがメインになり、SLJはヒラメ、根魚、マダイといったバラエティ溢れる展開になりやすく、ロングジグによるジギングではヒラマサを筆頭とした青ものに重心が置かれます。3釣法のタックルを用意したマスオさんこと植田益生さんは、どういう手順で釣りを展開させたでしょうか。アタリが少ないなか、あることをヒントに78㎝のマダイをキャッチします。

デカバンのマダイをキャッチしたマスオさん。マダイの口元のタイラバにヒントがある

マスオさんの要請でサオをだした三苫船長もマダイをキャッチ

船に乗り合わせていた藤さんもマダイをキャッチ。横揺れの釣りづらいなか、よく辛抱してこの1尾を手にした

同船者の黒川さんも序盤にアタリを連発させてナイスサイズのマダイをキャッチ

今週の視聴者プレゼント
応募期間は2019年10月26日(土)朝6時00分~2019年11月2日(土)朝5時30分です。 なみだま100g、オリジナルステッカーをセットで3名様に。
※カラーは選ぶことはできません。ご了承ください

応募フォームの「ご希望のプレゼント」欄には「なみだまセット」とご記入ください






▼前回放送「鹿児島県志布志沖堤防のタチウオ」はこちら!▼


2019/10/18


ルアーパラダイス九州最新刊、好評発売中!
毎奇数月(1,3,5,7,9,11月)の中旬発売です。

【特集】
今後九州で動きが活発になると思われる中深海の釣りに対し、「ようこそ九州の中深海へ」と題してフォーカスした。
第1部は実釣ルポで実際に中深海の現場を訪ね、現状をレポート。
第2部は中深海最新タックル。
第3部は中深海に案内している九州の遊漁船ナビ。
第4部はこれから中深海をやるアングラーにむけた中深海の釣りのQ&A。
特集を読めば、すぐに始められる内容にしている。

【その他】
特別企画・秋の壱岐パーフェクトプランとして、手軽に行けて豊かな魚影を誇る玄界灘の壱岐の釣り場紹介と現地アングラーによる釣りのプランニングのコツをピックアップ。秋に限らず保存版の記事となっている。
ほかには新企画のコツコツ積み上げるショアヒラマサ。ショアからねらうヒラマサをどうすれば攻略できるかを毎号さまざまな角度で取り上げていく新コーナー。第1回目はショアヒラマサの四季として、春夏秋冬の違いをまとめている。
近場の釣りでは、福岡都市部の博多湾ビッグベイトシーバスロジックとしてこの釣りのキモを集中的にピックアップ。北九州都市部は急潮が特徴的な関門海峡を取り上げ、激流をどう読み解くかを浮き彫りにしている。
[ 詳細はこちらから ]

つり人社の刊行物
ルアーパラダイス九州 No.32 2019年秋号
ルアーパラダイス九州 No.32 2019年秋号 本体1,000円+税 A4変型判132ページ
【特集】 「どこへ行こう? 島へ行こう! 島で憩う♪ 秋のお手軽フィッシングアイランド 小さな島の大きな魅力」 茹だるような暑さも一段落して、九州の海は一番過ごしやすく、釣りものも多い豊かなタイミングを迎えます。九州北部の小さなルアー島を巡…
owner
point

Duo

jackall
YAMASHITA & MARIA
rise japan


読み込み中