2019年5月25日朝5時30分~6時00分放送
響灘 角島沖のマダイゲーム

出演:植田マスオ
衝撃のアタリは85cm!!

ルアパラ九州=文
5月18日(土)の放送は、番組編成の都合上お休みとさせていただきます。
そして、再来週の25日と26日(土日)に2日連続で放送いたします! ご期待ください。


この堂々としたサイズをロケで出すのは決してたやすいことではないが、厳しい状況のなかでキャッチしたこの1尾は非常に参考になる

放送日時:2019年5月25日(土)5時30分より
出演:植田マスオ(うえだますお)
ロケ地:山口県角島沖
ターゲット:マダイ


内容:響灘の角島沖で乗っ込みマダイが本格化するのは、ベイトとなるケンサキイカが入ってきてからというのが通説です。産卵を控え、荒食いするマダイは胴長30㎝を超えるようないわゆるパラソル級ケンサキイカでも丸呑みにしてしまいます。大型がヒットする絶好期ですが、そのシーズンインは例年5月中~下旬。ロケはその前のハシリの時期に行ないました。挑んだのはマスオさんこと植田マスオさん。前回の玄界灘でのタイラバと違い、今回はジグによる探りも取り入れました。食い渋るマダイに苦戦しつつも、いかにもこの時期を象徴するビッグなマダイをキャッチします!

2本ともハリ掛かりし、しかもなかなかバレにくいところに決まっている。掛かるべくして掛かった、獲るべくして獲った1尾だというのがわかる

ライズジャパンが手がけたタイラバ。名はナミダマ

ライズジャパンが手がけるライズジグ。水深を考慮して100gを投下。タイラバとジグの違いについても解説してくれている

四季丸の船長との丁々発止の掛け合いの末に浮かせた大型マダイ。このあとふたりはがっしりと握手した

今週の視聴者プレゼント
応募期間は2019年5月25日(土)朝6時00分~2019年6月1日(土)朝5時30分です。 オリジナル手ぬぐい&オリジナルステッカー2種をセットで6名様に。

応募フォームの「ご希望のプレゼント」欄には「オリジナル手ぬぐいセット」とご記入ください






▼前回放送「長崎県島原半島のアジング」はこちら!▼



2019/5/10


ルアーパラダイス九州最新刊、好評発売中!
毎奇数月(1,3,5,7,9,11月)の中旬発売です。

【特集】
ハンドメイド&アレンジマニュアル
自宅でTRY! セルフビルド!!
エギングに使う餌木を自作するにはどういうプロセスを踏めばよいか。ライギョに使うフロッグは、買ってきただけでは使えず、自分でチューニングするのが大前提だ。してそのチューニング方法は。じっくりとモノ作りに専念して自宅時間を充実させるハンドメイドプロセスのほか、タイラバやメタルジグのリペアやアレンジ術も紹介する。

【その他】
オフショアヒラマサキャスティングのパイオニアとして知られ、多忙を極める玄界灘の遊漁船サンライズ田代誠一郎船長のインタビュー。今後大注目のキジハタクランクの動き。シーズナルな視点で編集したポッパーの実力を知る。好評の秋丸美帆さんの連載。ダイワSFAほちこ&ゆかちりの手軽で楽しい夏のオフショアフルコースの模様など、九州の夏を釣りで満たす充実の1冊。
[ 詳細はこちらから ]

つり人社の刊行物
ルアーパラダイス九州 No.32 2019年秋号
ルアーパラダイス九州 No.32 2019年秋号 本体1,000円+税 A4変型判132ページ
【特集】 「どこへ行こう? 島へ行こう! 島で憩う♪ 秋のお手軽フィッシングアイランド 小さな島の大きな魅力」 茹だるような暑さも一段落して、九州の海は一番過ごしやすく、釣りものも多い豊かなタイミングを迎えます。九州北部の小さなルアー島を巡…
owner
point

Duo

jackall
YAMASHITA & MARIA
rise japan


読み込み中