2019年3月23日朝5時30分~6時00分放送
玄界灘のタイラバ

出演:田中亜衣
水深100mで驚きの20連発!

ルアパラ九州=文
これからタイラバの絶好期が到来する。その参考としては最高のロケとなった

放映日時:3月23日(土)5時30分より
出演:田中亜衣(たなかあい)
ロケ地:長崎県壱岐勝本沖
ターゲット:マダイ


内容:春の絶好期まであと少しという玄界灘で、田中亜衣さんは数尾の70㎝オーバーを筆頭に、なんと20尾のマダイをキャッチしました。まずは本命をキャッチし、そこからサイズアップを図るという手堅いステップを踏んだように見えましたが、田中さん自身は「釣り始めからいきなり大型が反応しても全然不自然ではない誘い」で臨んでいました。その誘いとは、TGビンビン玉スライドヘッドの234gという重いヘッドを使った速いフォールの釣り。マダイは1投目から釣れましたが、「サイズがイマイチ」と言った田中さんは、4タイプのネクタイを使って巧みに70㎝オーバーへと辿り着きます。ヘッド選びとネクタイワークというタイラバの核心部が全開の濃密な釣行は全タイラバファンが必見です!

ヘッドはTGビンビン玉スライドヘッドの234g、これにビンビン玉フィネスストレート、ビンビン玉フィネスカーリー、ビンビン玉セミカーリー、ビンビン玉カーリーの4タイプのスカートとカラーをローテーションさせ、開始2時間には70㎝アップをキャッチした。4タイプのネクタイにはエビの味と匂いが含まれたT+ラバーが採用されている

重いヘッド、小バリ、アタリを弾かない軟らかいロッド、そして緩めのドラグで充分に重みが乗ったところで追いアワセを入れてからファイトするのが田中さんのスタイル

打つ手打つ手がズバズバと決まって一投目から沖上がりするまでずっと釣れっぱなしだった

あまりの釣れっぷりに、サブタックルとして持参していたスピニングタックルに持ち替えて120gのヘッドをキャストするアプローチも行ない3尾をキャッチした

今週の視聴者プレゼント
応募期間は2019年3月23日(土)朝6時00分~2019年3月30日(土)朝5時30分です。 ビンビン玉スライドスルメデス130g、160gをセットで6名様に。

応募フォームの「ご希望のプレゼント」欄には「ジャッカルビンビン玉セット」とご記入ください






▼前回放送「山口県米泉湖のバスフィッシング」はこちら!▼

2019/3/15


ルアーパラダイス九州最新刊、好評発売中!
毎奇数月(1,3,5,7,9,11月)の中旬発売です。

待ちに待った春! ルアパラ春号の特集は「奇手・妙手・最善手 この春とっておきの一手!」
いよいよ待ちに待った春が到来。アングラーに人気のメバル、アジ、マダイ、ヒラマサ、ブリ、GT、シーバス、ヒラスズキ、ツツイカ、アオリイカ、ヤマメねらいに効く春の一手を一挙に大公開します!

「祝開幕! 道の駅を基点にした九州おすすめ渓流釣り場ガイド」
ソルトゲームが盛んな九州において年々ファンが増えているのが渓流のトラウトゲームです。もともとフィールドにも魚にも恵まれていることから、始めるやいなやその魅力にハマる人が続出しています。今回は渓流近くにある道の駅を基点に、おすすめ渓流釣り場をご紹介。個性的な道の駅の活用法も併せて紹介しています。

「ルアパラが誇るここでしか読めない強力連載陣!」
津留崎義孝さんの『先駆者のSPIRIT』、秋丸美帆さんの『ちかっぱ釣れとう?』、そして今回最終回を迎える田代俊一郎さんの『九州キニナル地名行さかなへんなたび』は鹿児島県鰻で。いずれも本誌でしか読めない九州に根差したマニアック連載です!
[ 詳細はこちらから ]

つり人社の刊行物
ルアーパラダイス九州 No.29 2019年春号
ルアーパラダイス九州 No.29 2019年春号 本体1,000円+税 A4変型判132ページ
待ちに待った春! ルアパラ春号の特集は「奇手・妙手・最善手 この春とっておきの一手!」 いよいよ待ちに待った春が到来。アングラーに人気のメバル、アジ、マダイ、ヒラマサ、ブリ、GT、シーバス、ヒラスズキ、ツツイカ、アオリイカ、ヤマメねらいに効…
owner
point

Duo

jackall
YAMASHITA & MARIA
rise japan


読み込み中