2018年9月29日朝5時30分~6時00分放送
北山ダムのバスフィッシング

出演:木村建太
ついに復活の狼煙を上げたバスレイク!

ルアパラ九州=文
「大きくはないけど健康体。数年後が楽しみなフィールド。必ずまた来ます!」と木村さん

放映日時:9月29日(土)5時30分より
出演:木村建太(きむらけんた)
ロケ地:佐賀県北山ダム
ターゲット:ブラックバス


内容:九州のバス釣り場の中でもロケーションのよさとレンタルボート施設の充実ぶりで群を抜く北山ダム。週末ともなれば大勢のファンが集い、トーナメントも頻繁に開催された人気のメジャーフィールドでしたが、ここ数年はダムの老朽化に伴う工事の影響で水位が著しく低下。釣果も大幅にダウンしてしまいました。でも、工事のための水位の大幅低下も今年が最後とあって、かつてのように釣れ盛る北山ダムになることを期待する声が高まっています。今回が北山ダム初挑戦になる木村建太さんもそのひとり。期待を込めて応援するつもりでバス釣りを楽しみました。

山と緑に囲まれた静かなフィールド。今年は台風の爪痕がいたるところに残っていた

ラバージグのスイミングでスピーディーにチェックするも反応がないことからハードカバーをチョウチン釣りでねらっていく

いろいろなルアーやリグを使ったが、最終的にはベイトフィネスでのノーシンカーリグが効いた

デカい魚はこうしたレイダウンの最奥や手前に浮いていたという

今週の視聴者プレゼント
応募期間は2018年9月29日(土)朝6時00分~2018年10月6日(土)朝5時30分です。 バークレイ パワーベイト ヒットワーム 4.5インチを3色セットで3名様に。

応募フォームの「ご希望のプレゼント」欄には「バークレイヒットワームセット」とご記入ください






▼前回放送「熊本県天草のアジング」はこちら!▼

2018/9/22


ルアーパラダイス九州最新刊、好評発売中!
毎奇数月(1,3,5,7,9,11月)の中旬発売です。

第一特集は「冬イカ襲来! ウインターエギングで盛り上がれ!」
秋に始まり、春に再び盛り上がるのがこれまでのエギングの流れでした。 そしてエギングと言えば、それは餌木を使ったアオリイカ釣りのことでしたが、 今は必ずしもそうではありません。
冬こそ釣って楽しい、食べて美味しいイカがいます。 たとえばケンサキイカ、ヤリイカ、スルメイカ、ヒイカなど。 もちろんアオリイカも大型ねらいのチャンスです。 ショアとオフショアから大型に育ったアオリイカのねらい方を紹介します!
第二特集は「冬から春へ 九州ビッグゲームの最前線」
いつかは行きたい夢あるフィールド。 行けば自己記録を更新する可能性が高い九州のかの地。 未開拓なれどポテンシャルを感じさせるエリア。 はたまた通い慣れたホームグラウンドこそが 九州ビッグゲームの最先端なのかもしれません。 巨大魚はもちろんライトゲームの中にも大きな感動があります。 メータークラスのヒラマサ、オオニベ、シーバスといった文字通りの巨大魚から メバルやアジといった小さなビッグゲームまで一挙にご紹介!
「ここでしか読めない九州ならではのディープな連載!」
『熊本鱸熱血塾』は有明海のボートフィッシングで超ド級のシーバスを連発! こんな素晴らしい釣果がコンスタントにねらえるのはまさに九州ならではです。創刊から続く秋丸美帆さんの大人気連載『みっぴのちかっぱ釣れとう?』はまだ新しい釣り場として注目のエリアトラウトに挑戦! 津留崎義孝さんの『先駆者のSPIRIT』は大型青ものを対象としたサーフェスプログ論を展開。アングラーでありビルダーである津留崎さんならではのディープな解説は必読です!

ルアーパラダイス九州№28早春号は冬イカと九州各地のビッグゲームの二大特集でお届けします! どちらも全国から羨望の眼差しを浴びる九州という最先端フィールドから最新のテクニックと情報をお届けします!
[ 詳細はこちらから ]

つり人社の刊行物
ルアーパラダイス九州 No.28 2019年早春号
ルアーパラダイス九州 No.28 2019年早春号 本体1,000円+税 A4変型判
第一特集は「冬イカ襲来! ウインターエギングで盛り上がれ!」 秋に始まり、春に再び盛り上がるのがこれまでのエギングの流れでした。 そしてエギングと言えば、それは餌木を使ったアオリイカ釣りのことでしたが、 今は必ずしもそうではありません。 冬…
owner
SUNLINE

point

Duo

BerkleyAbuGarcia

jackall


つり人社の刊行物
ルアーパラダイス九州 No.28 2019年早春号
ルアーパラダイス九州 No.28 2019年早春号 本体1,000円+税 A4変型判
第一特集は「冬イカ襲来! ウインターエギングで盛り上がれ!」 秋に始まり、春に再び盛り上がるのがこれまでのエギングの流れでした。 そしてエギングと言えば、それは餌木を使ったアオリイカ釣りのことでしたが、 今は必ずしもそうではありません。 冬…
 

読み込み中