2018年5月5日朝5時30分~6時00分放送
玄界灘のタイラバゲーム

出演者:鳴瀬雄太
メーター級の大マダイを求めて

ルアパラ九州=文
開始して間もなく、ライン角度と自重、巻き抵抗に傾注していた鳴瀬さんにマダイらしき魚信が伝わった

放映日時:5月5日(土)5時30分より
出演者:鳴瀬雄太(なるせゆうた)
ロケ地:長崎県玄界灘壱岐沖
ターゲット:マダイほか


内容:玄界灘もいよいよタイラバの好機に突入! アングラーは福岡県北九州市在住の鳴瀬雄太さん。北九州もタイラバ熱の高い地域で、響灘ではパラシュートアンカーを使った流し方が一般的となっている。対して玄界灘は状況や遊漁船によって流し方が異なり、パラシュートアンカーの使用もあるもののドテラ流しも多い。パラシュートアンカーの釣りに慣れた鳴瀬さんでしたが、今回はドテラ流しのタイラバに挑戦した。風や潮流によってみるみるうちにラインに角度がついていくドテラ流しのタイラバの攻略法はどこにあるのか。その要点が、良型マダイを獲った鳴瀬さんの釣りから明らかにされます!

慎重にやり取りすること数分、海面に本命の姿を見た。取り込みの決まり、サイズのよさに鳴瀬さんはガッツポーズで喜びを爆発させた

70㎝アップの良型。このサイズになると最初の走りは強烈で、スリリングな駆け引きを楽しめる

使用したのはチェンジアップヘッドにスカートフックCS。ときにはアクセントにワームをセッティングした

高級魚で美味しいオオハタの良型には思わずにんまり

今週の視聴者プレゼント
応募期間は2018年5月5日(土)朝6時00分~2018年5月12日(土)朝5時30分です。 カルティバ チェンジアップ スカートフックCS各種、カルティバステッカー、タフワイヤーステッカーをセットで3名様に。


応募フォームの「ご希望のプレゼント」欄には「カルティバタイラバセット」とご記入ください






▼前回放送「北九州発、響灘のタイラバゲーム」はこちら!▼






2018/4/28


ルアーパラダイス九州最新刊、好評発売中!
毎奇数月(1,3,5,7,9,11月)の中旬発売です。

第一特集は「冬イカ襲来! ウインターエギングで盛り上がれ!」
秋に始まり、春に再び盛り上がるのがこれまでのエギングの流れでした。 そしてエギングと言えば、それは餌木を使ったアオリイカ釣りのことでしたが、 今は必ずしもそうではありません。
冬こそ釣って楽しい、食べて美味しいイカがいます。 たとえばケンサキイカ、ヤリイカ、スルメイカ、ヒイカなど。 もちろんアオリイカも大型ねらいのチャンスです。 ショアとオフショアから大型に育ったアオリイカのねらい方を紹介します!
第二特集は「冬から春へ 九州ビッグゲームの最前線」
いつかは行きたい夢あるフィールド。 行けば自己記録を更新する可能性が高い九州のかの地。 未開拓なれどポテンシャルを感じさせるエリア。 はたまた通い慣れたホームグラウンドこそが 九州ビッグゲームの最先端なのかもしれません。 巨大魚はもちろんライトゲームの中にも大きな感動があります。 メータークラスのヒラマサ、オオニベ、シーバスといった文字通りの巨大魚から メバルやアジといった小さなビッグゲームまで一挙にご紹介!
「ここでしか読めない九州ならではのディープな連載!」
『熊本鱸熱血塾』は有明海のボートフィッシングで超ド級のシーバスを連発! こんな素晴らしい釣果がコンスタントにねらえるのはまさに九州ならではです。創刊から続く秋丸美帆さんの大人気連載『みっぴのちかっぱ釣れとう?』はまだ新しい釣り場として注目のエリアトラウトに挑戦! 津留崎義孝さんの『先駆者のSPIRIT』は大型青ものを対象としたサーフェスプログ論を展開。アングラーでありビルダーである津留崎さんならではのディープな解説は必読です!

ルアーパラダイス九州№28早春号は冬イカと九州各地のビッグゲームの二大特集でお届けします! どちらも全国から羨望の眼差しを浴びる九州という最先端フィールドから最新のテクニックと情報をお届けします!
[ 詳細はこちらから ]

つり人社の刊行物
ルアーパラダイス九州 No.27 2018年晩秋号
ルアーパラダイス九州 No.27 2018年晩秋号 本体1,000円+税 A4変型判
第一特集は「アジからヒラマサまで。青もの騒ぐ海へ」 アジも尺を超すサイズになれば立派な青ものであり、ライトタックルで味わうその引きは強烈の一語。そしてブリ、カンパチ、ヒラマサなど、ショアでもオフショアでもねらえる最高の季節。憧れの魚体をその…
owner
SUNLINE

point

Duo

BerkleyAbuGarcia

jackall


つり人社の刊行物
ルアーパラダイス九州 No.27 2018年晩秋号
ルアーパラダイス九州 No.27 2018年晩秋号 本体1,000円+税 A4変型判
第一特集は「アジからヒラマサまで。青もの騒ぐ海へ」 アジも尺を超すサイズになれば立派な青ものであり、ライトタックルで味わうその引きは強烈の一語。そしてブリ、カンパチ、ヒラマサなど、ショアでもオフショアでもねらえる最高の季節。憧れの魚体をその…
 

読み込み中