2018年1月27日朝5時30分~6時00分放送
山口県菊川湖のバスフィッシング

出演者:小森嗣彦
冬の会心の一撃は50㎝オーバー

ルアパラ九州=文
美しい山間にある菊川湖(川上ダム)。アベレージサイズがよいことでも知られる

放映日時:1月27日(土)5時30分より
出演者:小森嗣彦(こもりつぐひこ)
ロケ地:山口県菊川湖
ターゲット:ブラックバス


内容:菊川湖(川上ダム)は小森嗣彦さんにとって初めての釣り場。こんな場合でも、地元アングラーから事前に情報を入手にしないのが小森スタイル。聞くことは魚のアベレージサイズのみ。釣れているエリア、レンジ、ルアーなどを聞いて釣っても自分の釣りにはならないと考え、イチから自身で組み立てます。当日も、数日前からの寒波の影響によるタフコンディションのなか湖全体をくまなくチェック。時期的にメインと考えていたディープフラットからは反応が得られなかったものの、それをヒントに釣り方を切り替えると徐々にバスとの間合いを詰め、そしてついに会心の一撃で値千金の50㎝オーバーを手に!

会心の一撃! メインに考えていたディープフラットから反応が鈍かったこともヒントにして辿り着いた納得の1尾だ

50㎝オーバーを手にする前にも、さらにデカいバスを食わせていたが、ボート縁でまさかのフックオフ……。しかしこれも魚の状態を知るヒントになった

午前中は湖岸から離れた沖合のディープをスピニングタックルでねらっていたが、後半はシャローカバーをベイトフィネスタックルで撃つ釣りに方向転換

初めての釣り場の単日ロケで真冬にこの魚を手にするところが小森さんの強さだ

今週の視聴者プレゼント
応募期間は2018年1月27日(土)朝6時00分~2018年2月3日(土)朝5時30分です。 DEX CR52SSRレッドクロー&キンクロ各色セットで3名様に。

応募フォームの「ご希望のプレゼント」欄には「DEXセット」とご記入ください






▼前回放送「大分県のエリアフィッシング」はこちら!▼

2018/1/20


ルアーパラダイス九州最新刊、好評発売中!
毎奇数月(1,3,5,7,9,11月)の中旬発売です。

第一特集は「冬イカ襲来! ウインターエギングで盛り上がれ!」
秋に始まり、春に再び盛り上がるのがこれまでのエギングの流れでした。 そしてエギングと言えば、それは餌木を使ったアオリイカ釣りのことでしたが、 今は必ずしもそうではありません。
冬こそ釣って楽しい、食べて美味しいイカがいます。 たとえばケンサキイカ、ヤリイカ、スルメイカ、ヒイカなど。 もちろんアオリイカも大型ねらいのチャンスです。 ショアとオフショアから大型に育ったアオリイカのねらい方を紹介します!
第二特集は「冬から春へ 九州ビッグゲームの最前線」
いつかは行きたい夢あるフィールド。 行けば自己記録を更新する可能性が高い九州のかの地。 未開拓なれどポテンシャルを感じさせるエリア。 はたまた通い慣れたホームグラウンドこそが 九州ビッグゲームの最先端なのかもしれません。 巨大魚はもちろんライトゲームの中にも大きな感動があります。 メータークラスのヒラマサ、オオニベ、シーバスといった文字通りの巨大魚から メバルやアジといった小さなビッグゲームまで一挙にご紹介!
「ここでしか読めない九州ならではのディープな連載!」
『熊本鱸熱血塾』は有明海のボートフィッシングで超ド級のシーバスを連発! こんな素晴らしい釣果がコンスタントにねらえるのはまさに九州ならではです。創刊から続く秋丸美帆さんの大人気連載『みっぴのちかっぱ釣れとう?』はまだ新しい釣り場として注目のエリアトラウトに挑戦! 津留崎義孝さんの『先駆者のSPIRIT』は大型青ものを対象としたサーフェスプログ論を展開。アングラーでありビルダーである津留崎さんならではのディープな解説は必読です!

ルアーパラダイス九州№28早春号は冬イカと九州各地のビッグゲームの二大特集でお届けします! どちらも全国から羨望の眼差しを浴びる九州という最先端フィールドから最新のテクニックと情報をお届けします!
[ 詳細はこちらから ]

つり人社の刊行物
ルアーパラダイス九州 No.27 2018年晩秋号
ルアーパラダイス九州 No.27 2018年晩秋号 本体1,000円+税 A4変型判
第一特集は「アジからヒラマサまで。青もの騒ぐ海へ」 アジも尺を超すサイズになれば立派な青ものであり、ライトタックルで味わうその引きは強烈の一語。そしてブリ、カンパチ、ヒラマサなど、ショアでもオフショアでもねらえる最高の季節。憧れの魚体をその…
owner
SUNLINE

point

Duo

BerkleyAbuGarcia

jackall


つり人社の刊行物
ルアーパラダイス九州 No.27 2018年晩秋号
ルアーパラダイス九州 No.27 2018年晩秋号 本体1,000円+税 A4変型判
第一特集は「アジからヒラマサまで。青もの騒ぐ海へ」 アジも尺を超すサイズになれば立派な青ものであり、ライトタックルで味わうその引きは強烈の一語。そしてブリ、カンパチ、ヒラマサなど、ショアでもオフショアでもねらえる最高の季節。憧れの魚体をその…
 

読み込み中